高橋英輝(競歩)のプロフィールは?出身高校は?リオでメダル期待


高橋英輝さんは競歩20kmでリオ・オリンピックに日本代表として出場することが決定しています。

高橋英輝さんはいったいどんな人なのか、気になりますよね?

Sponsored Link

競歩の高橋英輝のプロフィールは?

プロフィールを見てみると、

 

名前:   高橋英輝(たかはしえいき)
生年月日: 1992年11月19日
年齢:   23歳
出身:   岩手県花巻市
身長:   175cm
体重:   58kg
趣味:   サッカー、音楽鑑賞
職業:   競歩選手

 

写真を見ると、かなりのイケメンですよね!彼女とかはいるのかな?

モテそうですよねw

趣味はサッカーだそうですが、もしかして競技では歩くことしか出来ないので、

サッカーでは思いっきり走って楽しんでいるのかな?

 

ちなみに競歩とはどんな競技なのでしょうか。

競歩は最も過酷な陸上競技と言われています。

 

レース中は走るのではなく歩くんですが、歩くのが過酷なの?って思いがちですが、

厳しいルールがあるので、むしろマラソンよりも疲れるかもしれません。

 

では、そのルールを見てみます。おおまかなルールは2つです。

1.どちらかの足が地面に付いていなければならない

両足が地面から同時に離れると、「ロスオブコンタクト」という反則を取られます。

 

2.接地した脚は、地面と垂直になるまで、膝を伸ばさなければならない

地面と垂直になるまで膝が曲がってしまうと、「ベントニー」という反則を取られます。

 

そして、このルール違反を行った場合には、審判から競技者に「注意」か「警告」を受けます。

注意」は厳密に言えば、ルール違反の恐れがある場合に出されるので、

何回受けても失格にはなりません。

警告」は明らかにルール違反があると出され、3回受けると失格になり、退場となります。

 

ちなみに、無事ゴールした選手が後から失格になるケースもあるそうです。

それは、レース中に「警告」の集計が間に合わない場合があるためだそうです。

これってかなりキツイですよね(泣)

しんどい思いをして、やっとゴールしたのに失格って・・・切ないですね・・・

 

競技の種類は、50km競歩、20km競歩、10000m競歩、5000m競歩の4種類があります。

ちなみに50km競歩だけが女子がないそうですよ!過酷すぎるからだそうです(汗)

高橋英輝

 

高橋英輝の出身高校や大学は?

高橋英輝さんの出身高校は、岩手県立花巻北高等学校になります。

実は高橋さんは、高校に進学してから競歩を始めたそうですよ!

 

高校を卒業後は、岩手大学に進学しました。

そこから才能が一気に開花していきます。

高橋英輝

2014年の日本選手権大会で日本学生記録を更新して、世界選手権に選出されました。

2015年2月の日本選手権では1時間18分3秒で日本新記録で初優勝。

 

そして、卒業後は、富士通に所属して、日々努力しています。

2016年の日本選手権では、1時間18分26秒で優勝しております。

Sponsored Link

 

リオ・オリンピックではメダルに期待

ここまでの輝かしい記録を作ってきた高橋英輝さんは、

競歩20kmでリオ・オリンピックに出場するんですが、

でもよくよく考えると、高校から競歩を始めたんですよね・・・

 

ってことは、7年くらいでここまでの実力をつけたわけですよね。

どのような練習とかしてきたんでしょうか。

才能とかもやはりあるんですかね・・・

 

最近のニュースでは、岩手大学時代は、競技の他にアルバイトをしていたみたいで、

食生活とか無頓着だったと報道されてました。

まぁ、大学生って食事とかってあまり考えませんよね(笑)

それに、遊びたいお年頃ですしねwww

 

それが、富士通に所属してからは、食生活の見直し、体調の管理、等々、

競歩のために、最大限の努力をしているそうです。

これは、リオ・オリンピックにはかなり期待していいんではないのでしょうか?

頑張ってほしいですね!


Sponsored Link
2016-06-12 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事

Comment





Comment